CHECK

美容や健康が気になる方必見!果物の基礎知識を学んで生活に取り入れてみよう!

女性は透明感のある白い肌に憧れており、ダイエットや健康維持のためにいちごやみかん、柿、梨、バナナなどの果物を食べている人が多いのではないでしょうか。 果物にはビタミンCやビタミンB群、食物繊維などが豊富に含まれています。 果物の栄養価に関する知識を身に付けておくことで、ヨーグルトに和えたり、グラノーラなどと一緒に食べることで不足しがちな栄養素を補うことができますよ。 皮膚のターンオーバーを促進したり、便秘解消効果を得ることが可能です。

果物とは草や木になる甘い味のする実のこと

草・木を含む被子植物の、花の雌しべの部分が受粉して子房壁が発達したものを果実と呼びます。これを真果と分類しており、さらに食用に耐え得る甘味を備えたものを果物と呼ぶのが一般的です。雌しべが受粉して胚珠へと発達すれば種子となりますが、一方で子房壁へと成長したものの中に種子もできる種類もあります。なお壁の部分だけが発達する場合は種子の存在しない果実ができることとなり、これを単為結実と言います。自然界ではバナナやパイナップルが一例であり、種無しのブドウ・スイカなどは人為的な果物です。厳密に言えば果物とは樹木につくものだけを指しますが、農林水産省によれば野菜に分類されるものの中のスイカやイチゴ、メロンなども含まれるとしています。これらは果実的に利用することから、果実的野菜として扱うと記されています。一般生活においては食卓にのぼる他に、日本を含む欧米諸国にて贈答品や入院患者へのお見舞いの品として活用されるケースが多いです。

バナナは果物ではなく野菜に分類される理由

バナナは多くの人にとって果物として認識されていますが、実際には植物学的な分類においては果物ではなく、野菜やベリーに分類されることがあります。この特異な分類にはいくつかの理由が存在します。 まず第一にバナナは一般的な果物の定義から外れる特徴を持っています。一般的に果物は植物の成熟した子房の一部である果実から成り立っており、中に種子や胚が含まれます。しかしバナナの場合、その果実は外見上は種子を含まず、中に小さな黒い点が見られることがありますが、これは実際には種子ではなく、発育しない胚を表しています。このため、バナナは果実とは異なり、種子を持たないために野菜やベリーに分類されることがあります。 バナナは一般的に料理において野菜と扱われることが多いため、食文化的な側面からも野菜に分類されることがあります。バナナは熟すと甘くなり、デザートやスムージー、料理の一部として使用されます。そのため果物というよりも野菜に近い食材と認識されることがあるのです。 植物学的な分類と食品分野での分類は必ずしも一致しないことがあることを考慮する必要があります。食品業界では、料理の用途や食べ方に基づいて分類が行われ、バナナはその特性に合わせて野菜やベリーとして扱われることがあります。 バナナが果物ではなく野菜やベリーに分類される主な理由は、植物学的な特性、食品業界での用途、および種子の有無などが影響しています。そのため、バナナは異なる文脈や視点からさまざまな分類に属することがある食材であると言えます。

果物は毎日200g程度摂ると体によい

複数の研究によると、毎日200g程度の果物を摂取すると健康に良いとされています。1人1日あたり「可食部で200g以上」の摂取量が目標です。必ずしも病気にかからなくなるという訳ではありませんが、適量の果物を摂取し続けると生活習慣病の発症リスクが低いといわれています。1日200gというと、みかんなら2個、バナナなら2本、りんごなら1個が目安です。バナナ1本とみかん1個など、複数の果物を組み合わせて食べても問題ありません。なお、ジュースは嗜好飲料に分類されるため、果汁100%ジュースであっても果物の摂取量に含まないようにしましょう。糖分を加えずにただ乾燥させて作ったドライフルーツなら大丈夫だろうと考える人もいますが、ドライフルーツを食べる際も気をつけてください。生の果物と比べると、ドライフルーツの水分は少なくなっています。ドライフルーツ200gの場合、通常の果物を200g以上食べたことになり、糖分の摂り過ぎになってしまう可能性が高いです。

果物を食べると太ると言われているが実際はショートケーキよりカロリーが低い

ダイエット中の人の多くが、太るからという理由で果物を食べません。果物の甘さが太るというイメージにつながっています。確かに甘みは糖質であり、ダイエットでは控えなければなりません。しかし果物はショートケーキと比較するとカロリーが低いです。同じ量の果物とショートケーキのカロリー比較では、果物は6分の1程度しかありません。これら2つの食べ物は糖質を含んでいますが、ショートケーキにはさらにバターや生クリームなどが使われています。バターも生クリームも脂肪分が多く、カロリーを増やす結果となります。一方で果物はみずみずしいと評価されることがある通り、非常に多くの水分を含んでいます。80%~90%もの水分により、糖質を含んでいてもカロリーを低く抑えることができます。ビタミンやミネラル、食物繊維などの含有量がショートケーキより多いのはよく知られています。これらの栄養素は人間の健康や美容に欠かせないものであり、果物は決して避けるべき食べ物ではありません。

みかんの通販に関する情報サイト
果物の基礎知識

果物は豊富な種類がありビタミンやミネラル成分、食物繊維などが豊富に含まれています。 美肌を維持したい人、便秘を解消してダイエットに役立てたい人、体調不良を改善したい人などにお勧めです。 果糖が含まれているので食べすぎは良くないですが、用途に応じた物を選んで食べることで体調を整えたり、美肌やきれいな髪の毛を維持することができます。 他のフルーツと組み合わせたり、ヨーグルトなどで和えて食べるとより美味しくなります。

Search